NPO法人日本交流分析協会静岡支部は、交流分析(TA)の普及を通じて地域社会に貢献する団体です。

TA大好き#5

コラム 白垣 善行
日本交流分析協会静岡支部をシェアする
先日、あるご夫婦のエゴグラムを読む機会があった。
 
かわいい赤ちゃんがいる若いご夫婦。
そのときは、パパが赤ちゃんを抱っこしていた。
 
まずは、パパのエゴグラムから拝見。。
あれ?!CPが低くてNPがすごい高い!
でもって、ACが高い!
目の前にいるご主人は、ニコニコを微笑みながら
赤ちゃんを抱いている。
もしかして、「赤ちゃんの面倒はご自分から率先してみてますか?」
と聞いてみた。
またもや、ニコニコされながら「ハイ!」
わお!イクメンさん(育児をする男性)だったのね
 
次にママのエゴグラムを拝見。
あれ?!ママはCPが高くてNPが低いよ。
ご本人いわく「私って母親に向いてないですよね」
そうなのかな~と考えながらパパ、ママ、赤ちゃんを見ていると三人とも幸せそう。
何も言う必要などない気がしてきた。
 
そして、私自身が、『母親はNPが高いものだ』と決めつけていることに気がついた。
 
エゴグラムは性格診断でも占いでもない。
変化していくし、変化させることができる。
 
「お二人で協力をしてご家庭を築かれているのがとってもよくわかりました。
良いご家庭ですね。」とお伝えした。
 
どんな風に思われたかは分からないけれど、
最後に、ブログに掲載してもいいですか?とお尋ねすると
ご夫婦揃って快諾してくださった。
読んでくださるといいな~
 
楽しい時間をありがとう♪
またお会いしたいです。
(執筆者:中村 美佳)
 

コメント1件

  • 和泉光則 | 2012.12.18 9:37

    いいですねー夫婦でエゴグラム。
    エゴグラムは、良い悪いじゃなく、その人らしさ、大切な大切な個性が発見できる、ここがいいですよね。

© 2010 - NPO法人 日本交流分析協会 静岡支部.