NPO法人日本交流分析協会静岡支部は、交流分析(TA)の普及を通じて地域社会に貢献する団体です。

静岡支部第15回年次大会Ⅰ(年次報告会)

静岡支部ニュース m.a
日本交流分析協会静岡支部をシェアする

平成23年6月26日(日)静岡市駿河区のあざれあで静岡支部第15回年次報告会とTA実践・研究発表会が開催されました。

まず年次報告会。昨年6月16日に現職の稲波支部長が急逝されました。そのため昨年は多少バタバタしたところもあったと思われますが、他の支部では赤字決算になるところもある中黒字を維持できましたと三浦支部長より報告がありました。(以下支部長報告より抜粋)

運営委員、各TA教室主催者・TA研究会代表、会員の皆様の協力で何とか乗り越えられたことに感謝。

そして故稲波前支部長が支部長として大胆に、事務局長として細やかに支部を築いてきて下さったことに感謝が絶えない一年でありました。

その道のプロの会員の協力でホームページも新しくできました。

また静岡支部は協会の中で唯一の一県一支部しかも全国一位の会員数を誇っております。(会員数で全国の12.1%、インストラクター数は17.6%)

このパワーを是非有効に今年度に活かしたいということで、今年度の運営方針を記します。

■スローガン「もっと、もっと、つながりを広めよう!」

 1.人(会員相互)ネットワークを広めよう!                                     セミナーで集う。HPで集う。共通の関心領域で集う。⇒刺激しあう・吸収し合う仲間

 2.学ぶ交流分析から実践する交流分析へ。                                    実践活動報告会で発表⇒「実践活動報告書」へ記録(作成)⇒全国大会で発表⇒論文集へ投稿

 3.TA教室とTA研究会の連携を強めよう!                                 自律的活動の組織力を高める=入門講座・2級受験講座の運営⇒相互受講の機会の拡大

以上を踏まえ震災後も数々のセミナーを実施しておりますし、これからも目白押し参加お待ちしています。

最後に静岡支部事務所が8月1日より浜松駅から徒歩10分のところに移転します。詳細は改めて連絡しますが、事務局員も募集しています。

今年度を素晴らしい、実りある年度にしましょう!

 

 


© 2010 - NPO法人 日本交流分析協会 静岡支部.