NPO法人日本交流分析協会静岡支部は、交流分析(TA)の普及を通じて地域社会に貢献する団体です。

TA大好き#4

コラム 白垣 善行
日本交流分析協会静岡支部をシェアする
先日、5~6人でのディスカッションの時、ファシリテーターの方が、
「こうやって皆で話しているのも、信頼があるからなのよ」と、言っていましたが、
あまり、ピン!とこない私。
「ここで自分に危険が迫っていたりしていたら・・・どうかな?」と問われ、はっとしました。
私は、『信頼』って築いていくものだと思ってました。
何も無いところから、少しずつ、そしてより大きくてがっしりしたものにしていくイメージでした。
でも、信頼って、もうそこにあるんです。あるから全然気がつかなかった。
家族と暮らしているのも信頼があるから、誰かとおしゃべりするのもそこに信頼があるから。
道を歩くのも、ゴロンと寝転がれるのも、揺るがない地球に信頼があるから。
あって当たり前で、気づかなかった、『信頼』ってシンプルだけど、とっても大きなものだとわかりました。
私たちの中に基本的信頼感が存在するから、信頼が実感できたのだと思いました。(執筆者:佐藤宏美)

コメント1件

  • 和泉光則 | 2012.11.29 13:41

    なんだかわかる気がしました。
    最近ちょっと悩んでいることについて、答えが見えてきそうです。
    ありがとうございます!

    そうっかぁ。
    とすれば、今ふと思ったんですが、「こんなことしたら信頼を失うんじゃないか」っていう不安も、信頼があるからですか・・・だけど基本的信頼はそう簡単には失わない・・・ということなんでしょうか。

© 2010 - NPO法人 日本交流分析協会 静岡支部.