NPO法人日本交流分析協会静岡支部は、交流分析(TA)の普及を通じて地域社会に貢献する団体です。

2012年新春講座

静岡支部ニュース 白垣 善行
日本交流分析協会静岡支部をシェアする

【ジャンル別疑問点解明プロジェクト第2弾】

2012年1月8日(日)あざれあにて開催しました。

講師は、遠藤昌弘准教授のもとグループに分かれて検討会を行い終了時に検討会の内容をグループごと発表しシェアしました。

今回は、当日参加した皆様からのアンケートの感想を掲載します。

*普段疑問もなく使っていた用語も改めて自分なりの意味や理解の度合いを確認することができました。いろいろな見方があることを改めて思いました。

*インストラクターという伝える立場からTAを分かり易く伝えるにはという事を考えていて、私は受けるばかりだったので新しい視点が生まれた。

*刷り込みの様に教えられたことをそのまま、それが当然だという様に認識していることが多いことに気づきました。

*理論や分析の大切だが、やはりTAはTAの原点「自律性(気づき・自発性・親密さ)」自己成長を目指すものであることに立ち帰って考えることが大切であると思いました。

他にもアンケートの感想がありましたが抜粋させていただきました。


© 2010 - NPO法人 日本交流分析協会 静岡支部.