NPO法人日本交流分析協会静岡支部は、交流分析(TA)の普及を通じて地域社会に貢献する団体です。

第33回年次大会(福岡)速報

静岡支部ニュース m.a
日本交流分析協会静岡支部をシェアする

11月6日、7日と二日間、福岡市博多区の福岡国際会議場で特別講演会に新里里春先生、北山修先生をお迎えし、無事盛会の内に第33回年次大会が終了いたしました。

静岡支部からは分科会時間の構造化でルーキーインストラクターの八木祥江さん、人生脚本でベテランインストラクターの原雅子さんがそれぞれの特徴を活かした発表をされました。九州と遠方のこともあり、支部からの参加があまり多くなかったので機会があればまた支部でもお話しいただければと思います。(詳細はJTAAnews特集号に掲載されます)

追っていくつか写真も掲載したいと思いますが、来年は大阪です。                       ゲストはストローク経済の法則のクロード・スタイナー。日本で直接話を伺える機会は最後になるかもしれません。                                                          2011年11月12、13日です。                                          三島からでも2時間半、浜松からなら1時間半で行けます。今から予定を入れて積み立てもして是非参加しましょう!


コメント1件

  • 三浦正人 | 2010.11.08 22:10

    九州の年次大会に参加しました。

    確かに遠方で、浜松から新幹線でも5時間あまりは疲れますが、それ以上に心の充足感がありましたね。

    静岡支部からは13名の方が参加してくれました。この中には、初めて参加してくれた方もおり感謝ですね。

    この全国大会に参加すると、こんなにも交流分析を実践している人がたくさんいるんだと、毎回のように刺激を受け、また勇気づけられてきます。ストロークパーティの迫力もスゴイものがありましたね。

    さて、来年は大阪。そして、近い将来静岡支部でも全国大会が開けるようにしていきたいものですね。そのためには、ぜひ、皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。支部長:三浦正人

© 2010 - NPO法人 日本交流分析協会 静岡支部.