NPO法人日本交流分析協会静岡支部は、交流分析(TA)の普及を通じて地域社会に貢献する団体です。

第19回静岡支部年次大会(支部集会&実践研究発表&お結びの会)

静岡支部ニュース 渡邉恵子
日本交流分析協会静岡支部をシェアする

5月24日(日)午前9:30より、あざれあ501会議室において

第19回静岡支部年次大会(支部集会&実践研究発表会&お結びの会)

が行われ皆様のご協力とご賛同のもと、無事終了いたしました。

 

以下、遠藤支部長コメント(日本交流分析協会静岡支部フェイスブックページより抜粋)

5/24(日)第19回静岡支部年次事業活動会員決議集会(略:年次集会)があざれあで開催されました。運営組織は二年間の就任期間の1年目でしたので、 編制替えも無く、滞りなく議案審議が進みました。引き続き開催した「実践発表会」では、3名の会員の壮絶な人生体験とそれを乗り越えた現在の心境が披露さ れ参加者の感動を誘っていました。昼食後の「おむすびの会」での元養護教諭の運営担当者による「ふわふわさんとチクチクさん」の紙芝居は、当時、心を病ん だ教え子が作ってくれた挿絵でした。参加会員には、多くの感動に包まれた時間を過ごして頂いたものと思います。一日お疲れ様でした。ご縁がありましたら、 自身と心病む社会の為に更に、心理学を深めて頂けましたら幸いです。

お結びの会にて(ふわふわさんとちくちくさんの紙芝居)実演中!

お結び


© 2010 - NPO法人 日本交流分析協会 静岡支部.